脇のブツブツは脱毛で改善する?

うるおい

 

 

敏感なニキビ肌を乾燥させないためのやさしいクレンジング方法についてご紹介しますね。

 

正しいクレンジングの手順

手を清潔にする

手

 

意外と忘れがちですが、汚れている手では、雑菌を顔に直接広げることになります。
クレンジングの前には、手を洗いましょう
菌は水洗いだけでもほとんど落ちますので、石けんはつけなくても大丈夫です。

 

使用量を守る

クレンジング剤の適量は、商品によって異なります。
クレンジングの種類にもよりますが、
量が少ないと摩擦が増え、肌の負担になります

 

パッケージや説明書を読み、商品ごとの使用量を守りましょう。

 

お風呂場でクレンジング

タオル

 

クレンジングは、いつもどこでしていますか?
クレンジングにベストな場所は、お風呂場です。

 

お風呂は湿気があるため、メイクや皮脂、油汚れなどが浮き出やすくなります
また、血行もよくなっているため、メイクとクレンジングがなじみやすくなります。

 

クレンジング剤を温める

メイクとのなじみをよくするため、
クレンジングを手にとった後、手をこすりあわせるようにして温めます

 

お風呂場でクレンジングできない場合も、この手順を踏むことで
メイクとのなじみがぐんとよくなります。

 

皮膚が厚い部分からクレンジングを載せていく

女性

 

クレンジングは、次の順番で伸ばしていきます。

 

 1.まずは額と鼻
 2.次に頬
 3.次にUゾーン
 4.最後に目元

 

UVクリームを使っている場合は、首や胸もとなど、塗った場所にもなじませます。

 

肌が動かない程度のやさしさで伸ばす

くるくるとやさしく手を動かし、リンパの流れにそってマッサージします。
リンパの流れに沿って行うと老廃物が流れるため、クスミ抜けや、小顔効果も期待できます

 

目元周りは特に皮膚が薄い部分なので、力を入れず、特にやさしく。
リンパの流れを考えると、目元は内回しではなく外回しでなじませるのが良いようです。

 

伸ばす際の指は、中指と薬指を使います。
人差し指は力が入り過ぎるので、使わないようにしましょう。

 

ぬるま湯で手早く洗い流す

水
クレンジング剤にもよりますが、指のすべりが軽くなってきたら洗い流しのサイン。

 

シャワーを直接あてるのは、刺激となるため
洗面器などにためたお湯ですすぎましょう。

 

最低でも20回ほどすすぎます
髪の生え際などは、すすぎ残しが多いので、鏡を見ながらチェックします。

 

温かいお湯は肌の乾燥も招くため、
すこし冷たいと感じるくらいのぬるま湯ですすぎましょう。

 

乾燥ニキビを悪化させないクレンジングの選び方は、
「肌を乾燥させない!正しいクレンジングの選び方」に

 

オススメのクレンジングについては「乾燥ニキビは、肌にやさしいクレンジングで減らせます。」のページにまとめました。
合わせてご覧ください。

 

 

うるおい

化粧水の後は、美容液、乳液またはクリームのステップが必要

うるおいの補給は、化粧水だけでは十分ではありません。

 

水分を与えただけでは、時間とともに蒸発してしまうため、
与えた水分を肌の上で保つため、保湿成分を含んだ美容液や乳液やクリームのステップが必要です。

 

また、化粧水には配合できない水溶性でない成分を取り込んだり、
化粧水よりも濃厚な成分で積極的にケアを行うことができます。

 

美容液、乳液、クリームの正しい使い方

うるおい

使用量を守る

美容液・乳液・クリームの使用量は、テクスチャーや成分によって異なります。
商品の説明書やパッケージを読み、正しい量を使用しましょう。

 

手のひらで温める

美容液(・乳液・クリーム)を片方の手のひらに取り、指先で混ぜ、両手のひらで挟んで温めます。
温めることで、肌への浸透力が高まります

 

パーツごとに載せて伸ばす

指先に美容液(・乳液・クリーム)をとり、
ほほ→ひたい→鼻→あごの5か所にのせます。

 

パーツごとにのせた美容液(・乳液・クリーム)は、次のように、リンパの流れに沿って伸ばします

 

ほほ

小鼻の横から耳の際まで、4本の指全体を使って伸ばします。
このとき、皮膚を持ち上げるように伸ばすとリフトアップ効果も期待できます

 

中指を目頭の下からこめかみの方向へ伸ばします。

 

ひたい

両手の指先を重ねるようにひたいに揃え、
ひたいの中央からこめかみの方向へ伸ばします。

 

眉の間から鼻の先へ伸ばします。

 

鼻を両手で挟み込み、鼻の両脇をなでおろします。
小鼻の脇はやさしく往復させます。

 

口の周り

唇の上は、両手の指先を重ねるように鼻の下に揃え、左右に伸ばします。
このとき、皮膚を上げるように、口角をキュッとあげるように伸ばすと、
リフトアップ効果も期待できます。

 

最後、手に余った美容液を耳たぶまで伸ばし、耳の皮膚にも栄養分を与えます。

 

ハンドプレスしてなじませる

顔全体に伸ばし終わったら、手のひらで顔をはさみ、手の体温で、肌によくなじませます。
3分ほどゆっくりハンドプレスすると効果的です

 

 

脇のブツブツは永久脱毛で根本的な対策を

脇の鳥肌のようなぶつぶつは、毛抜きなどの自己処理を繰り返したことにより
毛穴を痛めてしまったことが原因で起こります。

 

これを解決するには、
ダメージを受けて厚くなった角質をスクラブなどで薄くし、
保湿を充分にして肌をやわらかくしてあげることも大切ですが、
自己処理を繰り返す限り、
このブツブツ毛穴も繰り返してしまいます。

 

2度とこのぶつぶつが起こらないようにするには、
永久脱毛して自己処理をやめることが先決です。

 

以下におすすめのクリニックとサロンをご紹介しますね。

 

★北海道
北海道の医療脱毛で人気なのはこちら

 

★東京
銀座の医療脱毛でおすすめなのはこちら

 

★神奈川
横浜の永久脱毛で人気なのはこちら。

 

★静岡
静岡の脱毛で人気のエステとクリニックはこちら

 

★沖縄
沖縄の医療脱毛を比較するならこちら。